07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

侵攻について その2

2016/08/21
最近は便乗する人もいなくなって完全に二人で侵攻を進めています。
これまた運動直後で死ぬほど眠い。意識が飛んで気が付いたら壁と向き合っていたということがあります(;´∀`)
やっぱり死ぬ可能性が低い戦闘は飽きるのが早い。もっと湧き数が増えてくれれば…。

そこで思い出したのが「参加人数が増えると敵の数が増えるような気がする」現象です。
シーフキャラをステハイで侵攻の間ずっと放置してみました。
三人ほど潜ませているので、計5人が侵攻エリアに居ることになるわけですが…。
結果。湧き数に変化は見られず。
参加人数で湧き数が変化しているわけではなく、単に敵をある程度倒さないと(または殲滅させないと)次が湧かないということなのかも。
ステハイでなく姿を出すと実際に増えるという線も考えられるけど、さすがに操縦不可なので検証は無理です。(衝立でガードする手はあるけどそこまでやりたくない)
やっぱり両方の部族が敵対関係なのが効率の悪さの原因でしょうか。一度両部族が喧嘩し始めるとターゲット集め技が効かなくなるため、こちらから近寄らなくてはいけなくなります。その分殲滅速度は遅くなっていくわけで…。
倒せる人が増えてくれないとどうしようもないという結論になりました。…いや人いないから無理だし。


というか、一度に湧く数増やして時間を短くしてくれたら一番良いのでは。
スポンサーサイト
18:09 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »