05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城の内装

2017/06/09
城の内装を再開しているのです。
使いにくさを実感して、急にやる気が出ました。

あまりの難易度の高さに途中で投げ出していたけど、他所のブログでDrachenfelsシャードのデッドスペースの無い理想的な構造をした城が紹介されていたので、画像を参考にしながらカスタマイズしていくことにします。
屋上全面に生産スペースがあると予想できるんだけど、どういう構造なのかよくわからない。屋上はショートラフに囲まれている状態なので、普通は階段やはしごを使わないと行き来できないはずだけど、どこにも見当たらない。
ふちの一番上のショートラフと同じ位置に床を設置していると予想して敷石を敷き詰める作業を進めています。
2017y06m04d_144224654.png
試しにこの上に天井をつけてみたけど、一応頭がつかえることなく行き来できるので、大丈夫だと思います。多分。
城の広さが31*31だから、フロア全面を使った場合は単純計算で敷石が961枚。実際はそれよりずっと少なくなるはずですが、更に4階も作るとなると、それと同数を設置しないといけないわけで…。死ぬ。

城塞用はしごを設置→上空でゴミ箱設置→中に石パーツを入れて破壊→ロックして高さ調整…と、一箇所だけでもかなり作業が多いです。
屋上でこれを行う場合、高さの制限でゴミ箱に入れられなくなるので、ゴミ箱をロックダウンし高さを下げるという手間が増えます。
どれだけ苦労して設置しても、高さを少しでも間違えると、翌日には容赦無くパッキングコンテナ入りするので萎え萎えですよ。
「ゴミ箱に入れた時にバックパックに返ってこない位置まではロックダウンできる」という基本的な仕様に気がつくまで、設置し直しを何回か経験しましたし…。
もしかするともっと楽な方法もあるかもしれないけど、これ以外の方法は知らないのでどうしようもない。ほかの人はどうやって城の内装しているんでしょうね。
昔はこういう特殊な内装は細かく解説してくれる人がいたけど、今は完全に手探りの状態で辛すぎる…(ヽ´ω`)

そんな中での癒しは二階に作った池のようなもの。
2017y06m08d_233004727.png
出雲の内装家の方のパクリですが、これまで水の床の代用品は装飾絨毯しか無かったから、革命的なやり方だと思いました。
すごく透明感があって綺麗。
2017y06m08d_233103067.png
装飾絨毯も悪くはないんだろうけど、透明感や水のゆらぎが表現できないから物足りない。


最近は長時間頭使うの疲れるし、ちゃんと完成すると良いなぁ…0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_
スポンサーサイト
00:04 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |